切除可能膵管腺がんの周術期治療にmFOLFIRINOXとゲムシタビン+nab-パクリタキセルは生存改善を示さず

 切除可能膵管腺がんに対して、周術期化学療法としてmodified(m)FOLFIRINOX(5-FU、イリノテカン、オキサリプラチン)とゲムシタビン+nab-パクリタキセルはどちらも、既報に比べて生存期間を改善しないことが、無作為化第2相臨床試験SWOG S1505試験で明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)