切除不能肝細胞がんにレンバチニブとペムブロリズマブの併用は有望な効果を示す

 切除不能肝細胞がんにレンバチニブとペムブロリズマブの併用療法は、良好な抗腫瘍効果と安全性を示すことが、単群第1b相臨床試験(116/KEYNOTE-524試験)で明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)