進行大腸がんでctDNAによる遺伝子異常の検出は組織検体よりもTATは短く解析成功率とactionable変異の検出率が高い

 進行大腸がんにおいて、血中腫瘍DNA(ctDNA)を用いた遺伝子異常の検出は、組織検体を用いた場合よりも、解析結果が得られるまでの時間(TAT)は短く、遺伝子異常が同定される解析成功率、および治療標的となりうるactionable変異の検出率は高いことが、SCRUM-Japan GI-SCREENとリキッドバイオプシー研究であるGOZILA試験の統合解析で明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)