ドセタキセル投与歴のある進行胃・食道胃接合部腺がんの2次治療でFOLFIRIとラムシルマブ併用が有効な可能性

 ドセタキセルの投与歴がある進行胃・食道胃接合部腺がんの2次治療として、FOLFIRIとラムシルマブの併用療法が有効である可能性が明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)