トラスツズマブ デルクステカンがHER2陽性の既治療進行胃がんの奏効率と全生存期間を有意に改善

 HER2陽性の既治療進行胃・胃食道接合部腺がんに対して、抗HER2抗体薬剤複合体製剤トラスツズマブ デルクステカン(T-DXd、DS-8201)が奏効率と全生存期間(OS)を有意に改善できることが明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)