高リスクHER2陽性早期乳癌のアジュバントでT-DM1とペルツズマブの併用投与は標準療法を上回らない

 高リスクのHER2陽性早期乳がんのアジュバント療法として、アントラサイクリン系抗癌薬投与を受けた後に、トラスツズマブ エムタンシン(T-DM1)とペルツズマブの併用投与を行うことは、既存の標準療法であるトラスツズマブ、ペルツズマブ、タキサン系抗癌薬を投与する方法よりも優れてはいないことが明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)