アベルマブで妊娠性絨毛腫瘍患者の53%が治癒、免疫療法での治癒後初の正常妊娠・分娩例も

 アベルマブ投与で化学療法抵抗性の妊娠性絨毛腫瘍(GTT)患者の53%でhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が正常化し、29カ月にわたって再発も認めず治癒したと考えられることが、TROPHIMMUN試験の結果明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)