筋層浸潤尿路上皮がんに対する術後薬物療法としてのアテゾリズマブは経過観察と比較してDFSで優越性を示せず

 筋層浸潤尿路上皮がん(MIUC)に対する術後薬物療法としての免疫チェックポイント阻害薬の有効性と安全性を検討した初のフェーズ3試験IMvigor010の主要解析において、アテゾリズマブは経過観察と比較して無病生存期間(DFS)で優越性を示せなかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)