EGFR変異陽性NSCLCへのベバシズマブとエルロチニブの併用はエルロチニブ単剤よりもOSを延長できず

 未治療のEGFR変異陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対するベバシズマブとエルロチニブの併用は、エルロチニブ単剤に比べて全生存期間(OS)を有意に改善することはできなかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)