第44回日本骨髄腫学会学術集会が5月11日から12日に名古屋市で開催された。シンポジウム「合併症の病態に基づく骨髄腫の最適な治療選択」(座長:日本赤十字社医療センター血液内科の石田禎夫氏、岩手医科大学臨床腫瘍学講座の伊藤薫樹氏)では、アミロイドーシス、骨病変を合併する骨髄腫に対する治療の考え方とポイントが紹介された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)