4月18日から名古屋市で開催された第107回日本泌尿器科学会総会のシンポジウム「前立腺癌薬物治療のパラダイムシフト」(座長:群馬大学大学院医学系研究科器官代謝制御学講座泌尿器科学の鈴木和浩氏、東邦大学医療センター佐倉病院泌尿器科の鈴木啓悦氏)では、転移性ホルモン感受性前立腺癌(mHSPC)、転移のない去勢抵抗性前立腺癌(nmCRPC)、骨転移、転移を有する去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)について、薬物療法の現状と今後の課題などが解説された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)