第119回日本外科学会定期学術集会ワークショップ「進行再発甲状腺癌に対する分子標的治療の現状と展望」(司会: 筑波大学医学医療系外科学(乳腺甲状腺内分泌)の原 尚人氏、名古屋大学大学院医学系研究科移植・内分泌外科学の菊森豊根氏)では、投与開始のタイミングや、実臨床での治療成績と副作用対策、さらに今後期待される薬剤について報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)