印刷する

閉じる

Oncology◎16th St. Gallen International Breast Cancer Conference

遺伝子解析や術前レスポンスガイドにより乳癌治療はより個別化の方向に

日本でも多遺伝子アッセイの導入が待たれる
(2019.05.15 08:00)1pt
愛知県がんセンター乳腺科部部長 岩田広治氏

(編集部注)乳癌に詳しい医師に、乳癌診療の最新動向のレビューをしていただいた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み
 Oncologyは、日経メディカル Onlineが癌の臨床医向けに提供しているコンテンツを日経バイオテクに転載するものです。国内外の癌関連学会で発表された演題の速報やレポート、臨床試験を解説するエリアレビューなど、日進日歩で変化する癌診療の今をお伝えします。