転移を有する非小細胞肺癌において、腫瘍の遺伝子変異量(tumor mutation burden :TMB)は癌免疫療法における全生存期間(OS)の予測マーカーになるかどうか、検証されました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)