「胃癌治療ガイドライン」第5版が2018年1月に発行されてから1年がたつが、この間にも腹腔鏡下手術や内視鏡的切除の適応、全身化学療法や術後補助化学療法について新たなエビデンスが得られている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)