転移を有する去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)患者2500人以上を対象とした米国の実地臨床の後ろ向きコホート研究から、1次治療後に約半数は生存の延長を目指すための治療(life-prolonging therapy)を受けていないことが示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)