転移リスクが高い非転移性の去勢抵抗性前立腺癌(nmCRPC)に、アンドロゲン除去療法(ADT)に加えて、新規経口アンドロゲン受容体阻害薬darolutamideを投与することが有効であることが明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)