印刷する

閉じる

Oncology◎調査・進行胃癌の薬物治療 コメント

胃癌は効果が期待できる治療を年齢にかかわりなく選択することが定着

3次治療のニボルマブ使用は予想外に少ない
(2019.02.14 07:00)1pt
大阪大学大学院医学系研究科先進癌薬物療法開発学寄附講座教授 佐藤太郎氏

 2018年11月に行った進行胃癌の薬物治療に関する調査の結果から考えられる進行胃癌の薬物治療の現状と課題について、胃癌に詳しい医師に解説していただいた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み
 Oncologyは、日経メディカル Onlineが癌の臨床医向けに提供しているコンテンツを日経バイオテクに転載するものです。国内外の癌関連学会で発表された演題の速報やレポート、臨床試験を解説するエリアレビューなど、日進日歩で変化する癌診療の今をお伝えします。