2018年4月19日、米食品医薬品局(FDA)医薬品評価研究センター(CDER)の呼吸器・アレルギー・リウマチ治療薬部門(Division of Pulmonary, Allergy and Rheumatology Products)の部長(director)を務めるBadrul Chowdhury氏が、英AstraZeneca社に転じるとの報道が出た。Chowdhury氏は、AstraZeneca社傘下の米MedImmune社のウェブサイトに、上級副社長兼研究開発、呼吸器・炎症・自己免疫iMED責任者として写真付きで紹介されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)