抗体医薬をはじめとするバイオ医薬品の高額な薬剤費が、医療費の大幅増を招いているという認識が、世界中で広がっている。それと同時に、高額薬剤問題を解消する方策として、バイオシミラー(バイオ後続品)の普及による医療費削減へ期待が集まっているが、米国市場においては、思いの外普及が進まず、医療費削減効果が得られていないようだ。こうした状況は、バイオシミラーの開発自体にも悪影響を及ぼすのではないかと懸念されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)