2016年12月13日、Obama大統領が最後の法案となる「21st Century Cures Act(21世紀治療法)」に署名した。996ページというかなりのボリュームの同法は、4つの大項目から構成されており、21世紀の革新的な治療法の研究、開発、実用化のための改革に加え、高齢者向け医療保険制度(メディケア)と所得者医療制度(メディケイド)の改革を押し進めるのが主旨である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)