2019年2月14日、米議会はこれ以上の政府の閉鎖を回避するため、2019年度(2018年10月から2019年9月)の予算案を可決。2月15日にはTrump大統領が署名して成立した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)