米食品医薬品局(FDA)の医薬品評価研究センター(CDER)は、2018年、新規分子成分(New Molecular Entity:NME)を42品目、生物学的製剤(Biologic License Application:BLA)を17品目の合計59品目を承認した。比較的多くの品目が承認されたと考えられていた2017年の46品目を超え、過去最多だった1996年の53品目をも上回り、最も承認数の多い年となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)