2019年、米食品医薬品局(FDA)は、低分子薬や抗体医薬など(遺伝子・細胞治療薬は除く)48品目の新薬を承認した。2015年の45品目、2016年の22品目、2017年の46品目、2018年の59品目と比べると、2018年のレベルには及ばなかったものの、品目数としては、最近3年間は、50品目近くを承認していることになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)