遺伝子治療が生み出す支払いモデルのイノベーション

 イノベーションによって、より有効な次世代の治療が生み出され、それが我々の健康につながる――。中でも、in vivoやex vivoの遺伝子治療は、ここ数年で大きな進歩を見せている。と同時に、その革新的な治療の対価として、開発企業が超高額な薬剤価格(日本の皆保険制度下では薬価)を提示することが当たり前になりつつある。それに伴い、高付加価値な治療にかかる医療費(大部分が薬剤価格)の支払いの在り方にも変化が起きてきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)