米国では今、バイオ・医薬分野への異業種企業の参入が活発化している。日本では昔から、多角化の一環や本業の陰りで、異業種企業が未知の分野に参入するケースが少なくない。1980年代には、化学企業や食品企業が、バイオ分野に次々参入。キリンホールディングス(現協和発酵キリン)の医薬事業など一部の例外を除き、ほとんどが事業を成功させることはできなかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)