晩夏のヘルスケア業界に、大ニュースが飛び込んできた。米Gilead Sciences社が、キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法など、遺伝子組換えT細胞(Engineered T-Cell)療法の開発を手掛ける米Kite Pharma社を総額119億ドル(約1兆3000億円)で買収するという。順調にいけば、2017年第4四半期にも買収が完了する見通しだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)