ポストパンデミックを見据えて進む経口ワクチンの開発

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種で、日本は欧米から大きく遅れを取っている。最近になって、日本各地でやっと大規模会場での接種が本格化してきた。菅総理大臣によれば、2021年10月から11月には希望者全員が接種を受けられるようになるらしい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)