2017年2月、当地シリコンバレーで東京大学が手掛ける文部科学省グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)の一環としてビジネス構想の発表会があり、私は審査員として参加した。同プログラムは、普段、研究にまい進している研究者たちが、自分の研究の社会的な位置付けや将来の市場価値、社会貢献の可能性を考える良い機会になっていると思う。そして私自身にとっても、あらためて企業の成長可能性(ビジネスポテンシャル)について考えさせられるきかっけになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)