日本と米国のビジネス戦略考

トランプ次期大統領はなぜ製薬業界に爆弾を落としたのか?

(2017.01.23 00:10)1pt
橋本千香=米Gallasus社

 毎年年始に開催されるJ.P. Morgan 35th Annual Healthcare Conference(J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス)は、サンフランシスコの町ににぎわいをもたらす存在であり、世界の製薬・バイオ業界にとって、業界の1年を占う重要なイベントだ。今年は1月9日から4日間の日程で開催されたが、まるで業界の行く末を表すかのような、激しく雨が降る嵐の中の幕開けとなった。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)
橋本千香(はしもと ちか)
米Gallasus社
橋本千香  日本企業の研究所に勤務後、渡米。複数のライフサイエンス企業で欧米企業との共同研究開発等担当。米AGY Therapeutics社創業に参加し、ビジネスデベロップメントを担当。現在はバイオ、エンジニアリング、ITにフォーカスし、関連企業に技術導入、ビジネス戦略立案、投資、買収などのコンサルティングを行う米Gallasus社代表。シリコンバレーの日本人バイオコミュニティであるJapan Bio Community、NPO法人運営。
 米国のバイオ業界で長年、コンサルティングを手掛ける橋本氏が、日本と米国の投資環境、事業環境の違いを踏まえながら、ビジネスディベロッピングについて解説します。米国での事業展開のヒントが満載です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧