台湾に学ぶ、「女性活躍」のススメ

 バイオテク業界においても「女性活躍」は周知の事実である。活躍の幅はスタッフや管理職にとどまらず、台湾を代表する上場企業の経営幹部や創業者としてもだ。2011年から2017年までに、新規株式公開(IPO)時の初値時価総額が1000億円を超えたバイオテク企業は計6社ある。そのうち、TaiGen社、ScinoPharm社、PharmaEssentia社、OBI社の4社では、創業者または最高経営責任者(CEO)が女性である。実際に日々バイオベンチャーを訪問する私の肌感覚では、3社に1社は女性が経営者である。むしろ、経営幹部や管理職に女性が1人もいない会社を探す方が大変だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)