堂田丈明(どうだ・たけあき)
塩野義製薬 最高デジタル/データ責任者(CDO)
堂田丈明(どうだ・たけあき) 工学博士。2004年〜欧州(Karolinska Institute)と米国(Fred Hutchinson Cancer Research Center)にて研究開発に従事。EU国際プロジェクトに参画し、米国バイオテック企業の起業に貢献。2008年〜日本国内の特許法律事務所にてトヨタ自動車グループをはじめエネルギー分野、製造業、化学分野の知財法務、技術移転機関(TLO)、M&A業務に従事。2012年〜京都大学iPS細胞研究所にてマルチモーダルなデータ解析からの事業化及び知財ライセンスに従事。後に、メガカリオン(京都市左京区)の創業に参画。研究開発、知財法務、GxP対応、米国技術移転に従事。2015年〜Preferred Networks(東京・千代田)にて技術顧問、最高知財責任者(CIPO)に就任。知財戦略、OSS、アルゴリズムの運用管理に従事。2017年〜アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS Japan)でアジア太平洋地域初のSr. Technical Business Development Managerとして、HPC及びAI/MLソリューションの技術支援およびビジネスディベロップメントに従事。2020年〜現職。塩野義製薬の最高デジタル/データ責任者(CDO)として、データドリブンな経営戦略、デジタル事業の促進、データセキュリティーの運用管理に従事。また、大阪大学、名古屋大学、iU 情報経営イノベーション専門職大学、超教育協会のクラウドワーキンググループでは、AIクラウド技術分野の投資促進、デジタル資産の運用管理、人材育成に従事。合同会社INVENTIO PARTNERS(東京・港)代表兼CEO