抗アミロイド抗体に復活の狼煙

 第38回日本認知症学会学術集会が、2019年11月17日から3日間にわたって東京の京王プラザホテルを会場に開催された。直前にエーザイと米Biogen社が抗アミロイド抗体アデュカヌマブの新薬承認申請を目指すと発表、中国では褐藻由来の多糖薬GV-971が承認を取得する一方で、飲み薬の期待があったBACE-1阻害薬が事実上全滅するなど大きなイベントが相次いだ後での集会となり、集会の討論にも随所に影響が認められた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)