小崎J太郎のカジュアルバイオ

抗アミロイド抗体に復活の狼煙

第38回日本認知症学会学術集会:アルツハイマー病創薬戦線異状あり(1)
(2019.11.27 08:00)1pt
小崎丈太郎=医学・生命科学記者

 第38回日本認知症学会学術集会が、2019年11月17日から3日間にわたって東京の京王プラザホテルを会場に開催された。直前にエーザイと米Biogen社が抗アミロイド抗体アデュカヌマブの新薬承認申請を目指すと発表、中国では褐藻由来の多糖薬GV-971が承認を取得する一方で、飲み薬の期待があったBACE-1阻害薬が事実上全滅するなど大きなイベントが相次いだ後での集会となり、集会の討論にも随所に影響が認められた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み
小崎丈太郎
医学・生命科学記者
小崎丈太郎 1959年東京生まれ。1984年日経マグロウヒル社に入社。「日経バイオビジネス」元編集長。2019年よりフリーの医学・生命科学記者として活動。日経スタイル、日経メディカルオンライン、日本経済新聞、「QLifePro」などに寄稿。時々、ラジオにも出演。
医療、食糧、環境・エネルギーにかかわる問題をバイオテクノロジーがどのように解決していくのか? 徹底した現場取材を基に解き明かします。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧