ミオスタチン阻害薬をめぐる攻防、アカデミアはどこまで創薬に迫れるか

 筋肉の成長を止めているミオスタチンを阻害してサルコペニアを治療する薬剤の開発が構想されている。先行した大手製薬の多くが臨床応用の段階で壁にぶつかっているなか、東京大学の研究グループが内因性の阻害蛋白質を使ってマウス実験に成功した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)