AI創薬の台頭に化学アカデミアはどう応えるか?

 AIベンダーと大学の化学の専門家が協働で創薬に取り組むケースが増えている。具体的にはどのように行われているのか。Preferrd Networksとの共同研究で新型コロナウイルス感染症治療薬のリード化合物発見に成功した、京都薬科大学の赤路健一教授(副学長)に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)