福島医大が、クローン性造血が肺高血圧症を増悪させる現象を報告

 福島県立医科大学のグループが、血液細胞の後天的な遺伝子変異であるクローン性造血が肺高血圧症の発症や増悪に関係しているという研究結果をまとめ、Nature Communications誌2021年10月26日付のオンライン版に発表した。クローン性造血は骨髄細胞の老化現象の1つで、血液がんに加え固形がんや心臓血管系の疾患との関係が注目されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)