深層学習の遺伝子解析応用に道拓く

 “深層学習(ディープラーニング)といえば画像認識”のイメージが強い。遺伝子解析に、潜在的な能力が期待できる深層学習を利用したくても、非画像データである遺伝子データではそれが難しかった。そこで、非画像データを画像データに変換する方法「DeepInsight(ディープインサイト)法)」が開発された。人工知能を活用して遺伝子データを解析する新たな基盤技術になる可能性がある。この成果は、英国のオンライン科学雑誌「Scientific Reports』(2019年8月6日付)で報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)