大阪市大と東大医科研、ヒト腸内のウイルス叢と細菌叢のメタゲノムDBを作成

 大阪市立大学、東京大学医科学研究所のチームが、世界で初めて同一糞便におけるヒト腸内ウイルス叢と細菌叢のメタゲノムデータベースを作成することに成功した。これまでブラックボックスだった腸内ウイルスの全貌を解明する成果だ。同グループは、この成果を利用して有害な腸内細菌に溶菌活性を示すファージとそのファージが産生する抗菌物質(溶菌酵素)の同定にも成功。世界的に問題になっている多剤耐性菌を攻略するファージ療法につなげる意向だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)