アブラキサン供給一時停止問題、学会や患者団体が代替品確保を要望

 大鵬薬品工業の「アブラキサン」(ナブパクリタキセル、アルブミン結合パクリタキセル)の供給が止まる問題で、医療現場に波紋が広がっている。代替品やジェネリックを緊急輸入することでアブラキサンの供給継続を求める声が、がん関連学会や患者団体から上がっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)