国がん東、リキッドバイオプシーでMSI-High固形癌を検出

 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)消化管内科の吉野孝之科長(先端医療開発センターゲノムトランスレーショナルリサーチ分野併任)と中村能章医員(バイオバンク・トランスレーショナルリサーチ支援室併任)がリキッドバイオプシーによって癌患者の血液中から「高頻度マイクロサテライト不安定性」(MSI-High)固形癌の検出に成功した。MSI-Highは免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」(ペムブロリズマブ)の適応になることから、リキッドバイオプシーの有用性を再認識させる成果といえる。近くClinical Cancer Research誌に論文を発表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)