アデュカヌマブ承認はアルツハイマー病創薬に何をもたらすのか?

米食品医薬品局(FDA)によるアルツハイマー病治療用抗体薬aducanumab(アデュカヌマブ)の迅速承認について、波紋が広がっている。aducanumabの開発を見守ってきた東京大学大学院医学系研究科神経病理学の岩坪威(いわつぼ・たけし)教授に今回の承認をどのように捉えるべきか、を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)