バクテリオファージでオーガニックワインを救う 大塚米子会社が新規生物農薬を実用化

 大塚製薬の米国子会社傘下のベンチャー企業がブドウの病害菌に有効なバクテリオファージを原体とする生物農薬の開発に成功、カリフォルニア州を中心に販売に乗り出した。なぜファージだったのか。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)