抗加齢医学会が作成を始める「エピジェネティック時計」とは何か

 日本抗加齢医学会(理事長:堀江重郎・順天堂大学泌尿器科学教授)が会員自らの全ゲノム解析を行い、解析結果をアンチエイジング研究に役立てる「アンチエイジング全ゲノム解析」臨床研究プロジェクトを開始する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)