国立長寿医療研究センター、日本版FINGER研究を開始

 国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)のグループが中心となって、生活介入による認知症の遅延効果を検証する臨床研究「J-FINGER研究」(仮)が始まる。2019年6月18日に政府がまとめた2025年までの認知症対策の施策「認知症新大綱」では、「共生」と共に認知症の進行を遅らせる「予防」が柱に据えられたが、大綱の素案にあった予防の数値目標は認知症の当事者団体などから批判を浴びて見送られた。寄せられた批判の1つが「予防に確たる証拠が無い」というもの。長寿研が開始する臨床研究は、その声に応えることになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)