岡山大など、膵臓がんを試験管内で3次元培養して再構成

 岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科の狩野光伸教授、田中啓祥助教と東北大学、大阪大学の研究グループが細胞3次元培養技術を応用して膵臓がん組織を試験管内に再構成することに成功した。膵臓がんの薬剤抵抗性の原因となる線維化を再現できたことから、がん組織の線維化を標的にした薬剤の探索に利用できそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)