九大、国循、京セラ、膀胱がんの尿バイオマーカー検査を開発

 九州大学、国立循環器病研究センター、京セラの研究グループが共同で、膀胱がんの発生を尿検査によって把握する技術開発を続けている。実用化できれば、膀胱がん検査がもたらす患者の負担を減らすことが可能だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)