小崎J太郎のカジュアルバイオ

加速するアルツハイマー病の血液マーカー探索

ISBAD2019が開催される
(2019.06.06 08:00)1pt
小崎丈太郎=医学・生命科学記者

 アルツハイマー病治療薬の開発の要となるバイオマーカーの開発をテーマにした国際シンポジウム「International Symposium on Biomarker for Alzheimer's Disease 2019」(ISBAD2019)が2019年3月22日に京都の島津製作所大ホールを会場に開催された(主催はAMED長寿・障害総合研究事業認知症研究開発事業「適時適切な医療・ケアを目指した、認知症の人等の全国的な情報登録・追跡を行う研究」研究班(オレンジレジストリ研究) 、共催は国立長寿医療研究センターと島津製作所・田中耕一記念質量分析研究所)。治療薬の臨床治験の度重なる失敗によって、未発症の患者を精度よく、しかも経済的にスクリーニングする技術の確立がアルツハイマー病克服の要になるとみられている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み
小崎丈太郎
医学・生命科学記者
小崎丈太郎 1959年東京生まれ。1984年日経マグロウヒル社に入社。「日経バイオビジネス」元編集長。2019年よりフリーの医学・生命科学記者として活動。日経スタイル、日経メディカルオンライン、日本経済新聞、「QLifePro」などに寄稿。時々、ラジオにも出演。
医療、食糧、環境・エネルギーにかかわる問題をバイオテクノロジーがどのように解決していくのか? 徹底した現場取材を基に解き明かします。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧