慶應義塾大学医学部内科学教室の安田浩之専任講師と国立がん研究センター先端医療開発センターの土原一哉トランスレーショナルインフォマティクス分野長、そして京都大学の研究グループが2019年4月29日の米科学アカデミー紀要(オンライン版)に発表した「肺癌の稀少なEGFR(上皮成長因子受容体)遺伝子変異による薬剤感受性予測」が注目されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)