阻害薬は標的蛋白質に作らせろ

 今日の創薬研究では研究者が化合物を1つひとつ合成し、活性を測定している。大阪大学のグループが確立した手法は画期的だ。有効な薬剤の合成は研究者ではなく、標的蛋白質自身が行うからだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)