静岡がんセンターの山口建総長「全ゲノム解析研究への疑問にお答えする」

 厚生労働省が掲げた「全ゲノム解析等実行計画」をめぐり、専門家の間で議論が沸騰している。がんをはじめとする難治疾患の研究に不可欠とする意見に対し、その進め方や意義について複数の専門家が疑問を投げかける事態となっているのだ。そこで推進を主張している、静岡県立静岡がんセンターの山口建総長に話を聞いた。山口総長は独自にがん遺伝子パネル検査を開発する計画も明らかした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)